水素水Beauty

水素水の美容効果と関連製品の選び方

*

活性酸素がカラダに与える悪影響とは?

      2016/02/13

私たちの体も鉄と同様に「錆びる」

img_old_women

体が錆びる、といっていちばん先に思い浮かぶのは、 古くなった鉄クギなどの表面が赤くガサガサになる赤サビではないでしょうか。これは、鉄が空気中や水中の酸素と反応し、鉄の表面が赤サビという物質に変化したもの。この変化を「酸化」と呼びます。

しかし、体が錆びるといっても、腕や脚の肌が金属のようになるわけではありません。ここでいう錆びるとは、細胞が酸化することを意味します。

私たちの体は約60兆個もの細胞から成り立っていますが、酸化とはこの細胞の1つ1つが酸素に侵されることなのです。つまり、皮膚や内臓のあらゆる器官、そして血液や骨も、体全体のどこでも酸化すると言えます。

小麦色の肌はシミやソバカスの温床

夏の曰に肌を小麦色に焼いた人を見かけると、いかにも健康そうに映ります。しかし、これは強い紫外線によって肌が日焼けし、メラニン色素が肌に蓄積された状態なのです。

そして、このメラニン色素がやがてシミやソバカスの原因となります。日焼け後のソバカスは、皮膚が紫外線と戦った傷跡なのです。

活性酸素により脳や心臓にもシミができる

歳をとると肌にシミができますが、これは「老人斑」 といい、細胞が酸素によって酸化された跡なのです。肌を酸化させたのは、正確には一般的な酸素ではなく、酸素から発生した「活性酸素」という人体に毒性のある物質です。

そして、日焼けは紫外線による皮膚の炎症ですが、実は紫外線のエネルギーが細胞内から活性酸素を発生させたものなんです。

活性酸素が細胞に働きかけてできるシミは、歳を取るにつれて肌だけでなく、細胞ならどこでも生じます。 なんと心臓の筋肉や脳の細胞も活性酸素に攻華されるとシミができるのです。

つまり、私たちの体のあらゆる細胞や脂肪などは、すベて活性酸素によって酸化されるのです。

小ジワも老化の始まり

最近はあまり使われなくなりましたが「カラスの足跡」という言葉があります。目尻の小ジワの事ですね。これも活性酸素による錆びが原因です。

紫外線を繰り替え石浴びると、皮膚が老化して次第に小ジワが刻まれてきます。これは皮膚のコラーゲンや、皮膚の弾力を保つエラスチンという線維組織が酸化されるためです。長い間、屋外で仕事をしている人は、首の後ろが日焼けしてシワが寄っていますが、これはそのためです。

水素水の有用性

img_drinking_water

水素水はこうした活性酸素を除去する「還元」と呼ばれる作用があります。この還元作用は非常に強力で、水素より強い還元作用を持つ物質はこの世に存在しないのです。

だから、体を錆び付かせないためには水素水が有効なんですね。水素水を毎日飲む事で、体を錆び付かせず、いつまでも細胞を若い状態に保つ事ができるのです。

 - 水素水が分かるコラム ,