水素水Beauty

水素水の美容効果と関連製品の選び方

*

活性酸素とアンチエイジングと水素の関係

アンチエイジングを語る際、活性酸素の存在を抜きにして語ることはできません。私たちは必ず老化しますが、老化の原因には遺伝子が引き起こす説や、ホルモンの低下説など、様々な説が存在します。その中で、最も矛盾のない合理的な説とされているのが「活性酸素原因説」です。つまり、活性酸素が老化を引き起こすというものです。

アンチエイジングと水素水

ミトコンドリアが細胞を代謝させる

人間の体は200種類以上、約600兆個の細胞から成り立っています。各細胞には、エネルギー生産を司るミトコンドリアが存在します。

ミトコンドリアは、呼吸で吸い込んだ酸素を水素と反応させることで、ATP(アデノ三リン酸)を作り出します。ATPはエネルギーの元となるもので、運動で筋肉を動かしたり、代謝を行う際に必要なものです。

活性酸素はエネルギー生産の廃棄物

しかしながら、ATPは体に留めておくことができないので、その都度生み出す必要があります。そしてエネルギーを生み出す度に活性酸素が発生します。活性酸素はいわば、エネルギーの廃棄物なのです。

過度な運動過食を行うと、体は大量のエネルギーを必要とします。この時、ミトコンドリアがフル稼働するため、大量の活性酸素が生まれます。活性酸素は細胞の表面にある細胞膜を破壊し、細胞膜の主成分である脂質を酸化させてしまいます。細胞が酸化すると機能が損なわれ、皮膚の老化や機能不全を起こします

活性酸素が皮膚の老化やシミ、加齢臭をもたらす

img_age_wakagaeri

具体的にいえば、シミ細胞内の不飽和脂肪酸が酸化して、リボフスチンという老化色素が発生し蓄積したものです。このリボフスチンが脳に溜まるとアルツハイマーの原因になると考えられています。

また、加齢臭はパルミトオレイン酸という皮膚の成分が活性酸素によって酸化されたもの。このように、活性酸素は細胞にダメージを与えることで、臓器の機能低下や皮膚の老化を引き起こしているのです。そして活性酸素によってDNAが傷つけられた細胞は、がん化することもあるのです。

こうしてみると、活性酸素は様々な老化や病気を引き起こす元凶であることがわかると思います。そしてこの活性酸素を取り除く最も強力な武器(還元作用)が、水素なのです。

水素水 が活性酸素からカラダを守る

img_water_suisosui
水素は宇宙で最も小さい分子であり、活性酸素と結びつくことで水になるという性質があります。このため、水素水や水素風呂などで摂取した水素は、身体中に発生した活性酸素と結びつき、水として排出されます。

水素水の効果について否定的な意見もあるようですが、水素が活性酸素を無効化(還元化)する強力な作用があることは、科学的に認められており、十分なエビデンスが存在するものです。ですので、肌の老化に立ち向かうアンチエイジングを考えたとき、水素水は強力な選択肢となりうるのです。

公開日: